私の甘ったれて無駄にしてきた4年間のユニバーシティライフ

ぼくは今年22歳になる、ユニバーシティ1年生だ。

しかし、ぼくはユニバーシティ身の回り2校目線、そして4年頃目線だ。

何故かと言うと、ぼくは以前の六年頃制ユニバーシティへ進学事後、1年頃くらいは通常通えていました。

当時お付き合いをしていた亭主と、通常面白いユニバーシティ身の回りを送れていました。

しかし、その彼と別れてからという商品、かなり学院へ行かなくなり、父兄には「今の学科の実習はぼくには向いていない。」「教科について行けない。」ということを理由で報じ、退学したのです。

事後、又もや試行を受けて無事に合格し、ぼくは別のユニバーシティへ入学しました。

今回は四年頃制ユニバーシティで、極めて正反発の学科だ。

そういったぼくは4月に新たな気持ちで、学院へ向かいました。

教科はずいぶん面白く、今までの2年間のユニバーシティ身の回りがウソのみたいでした。

しかし、ウィーク事後、ぼくは学院へ行かなくなりました。

常に家のベッドの上で明かす年中だ。

しかし、ずっとアパートにこもっているのも、そんなに楽なものでもないので、学院へ行ってみようとは思うのですが、でも結局はベッドの上…。

以前は周りの仲よしは、皆さんぼくを気遣ってくれて、マターやレポートなどの概要を共有してくれていました。

しかし、ぼくがこれ程学院へ行かないせいで、もはやそれもしてくれません。

と言うか、shareしたところで、とにかく学院へ行かないなら水泡だと思われているのでしょう。

それも仕方ないとは思います。

それにいつまでもこういう身の回りを続けられるわけではなく、終わりはあるので、もう一度学院へ一から出向き付け足し、ちゃんと4年間で終了できるように試したいだ。http://www.roswellvroom.com/musee/musse-100.html